カヤックフィッシングの始め方

カヤックの乗り方・降り方・漕ぎ方の基本

カヤックの乗り方・漕ぎ方の基本を知ればいろいろなところに行ける

このページではカヤック初心者を対象に、乗り方・降り方・漕ぎ方の基本的なやり方を解説していきます。

ここでのカヤックとは、カヤックフィッシングを対象としていますので、その他のジャンルのカヤックの方は参考にならないかもしれませんのでご注意ください。

カヤックの選び方はこちらのページを参考にしてください。

カヤックには色々なタイプがある
バス釣りに向いたカヤック・パドル・PFD

カヤックを実際に選ぶ際に気にしなければならないのは、カヤックのタイプ、大きさ、重さ、価格です。 カヤックのタイプについては、シットオンカヤックとシットインカヤックがあり、バスフィッシングではどちらでも ...

続きを見る

カヤックの乗り方

カヤックは乗り降りが一番転覆しやすいので、慎重に行いましょう。

カヤックの左右どちらかに体重がかかると一気に転覆します

このことを意識し、乗るときは足をできるだけカヤックの真中につき、そのまま慎重かつ素早くお尻を椅子に降ろします。
またお尻を先にカヤックの座席に降ろせるなら、先に横向けに座り、お尻を基点に体を回転させてカヤックに乗ります。

護岸と平行にカヤックを停留させ、乗り降りする場所では、岸と反対側にパドルを差し込んで、カヤックを岸とパドルで挟むようにして乗りこむと安定します。

砂浜などのシャローから、足を水につかった状態で乗る場合は、横からお尻を座席に降ろし、90度回転しながら乗り込むか、カヤックの座席の上をまたいで、そのまま腰を下ろして乗り込むと安定して乗れます。
乗り込んだ後にカヤックが沈み底を擦って動かない場合は、体重をふわっと浮かしながら、パドルで地面を押して底がすらないところまで脱出します。

その後カヤックに乗ってからはカヤックの内側に足を押し付けカヤックと一体になるように(ニ―グリップ)します。

ヤックの降り方

カヤックから降りるときは、乗る時と同様に転覆しやすいですので、端に体重をかけないように十分気を付けましょう。

護岸のような場所なら、カヤックを岸と平行につけ、岸をつかんで、できるだけ立ち上がらず素早く岸に上がります。
そのときカヤックが、ぐらついて安定しない場合は、岸と逆側にパドルを差し込んで、岸とパドルでカヤックを固定すると安定します。

砂浜などのシャローの場合は、少し勢いをつけて、陸に座礁するつもりで乗り上げると、カヤックごと上陸できるので、降りるときの転覆の心配はありません。

この方法は、もちろんインフレ―タブルカヤックや、岩など硬い地面の所ではやってはいけません。

カヤックのパドルの持ち方

パドルにはフェザーパドルとアンフェザーパドルがあり、違いは以下になります。

フェザーパドルとは:左右のブレードの角度が違うパドル

アンフェザーパドルとは:左右のブレードの角度が同じパドル

パドルの詳しい説明はこちらのページをご覧ください

カヤックには色々なタイプがある
バス釣りに向いたカヤック・パドル・PFD

カヤックを実際に選ぶ際に気にしなければならないのは、カヤックのタイプ、大きさ、重さ、価格です。 カヤックのタイプについては、シットオンカヤックとシットインカヤックがあり、バスフィッシングではどちらでも ...

続きを見る


パドルの持ち方について、簡単に説明していきます。

  • フェザーパドルの場合:パドルのシャフトの真中を、頭上にもっていき、シャフトを握る手が直角の90度になるように持ってみましょう。
    次にそのままパドルを体の前に降ろし、利き手のブレードの内側が手前側に、もう一方の手のブレードが天を向くように構えます。
    利き手ではしっかりと持って、もう一方の手ではふわっと持つのがコツです。

  • アンフェザーの場合: パドルのシャフトの真中を頭上にもっていき、シャフトを握る手が、直角の90度になるように持ってみましょう。次にそのままパドルを体の前に降ろし、手前側にブレードの内側を手前に向けて持ちます。

カヤックの漕ぎ方・回転のやり方・止まり方・バックの進み方

カヤックで前に進む漕ぎ方(フォワードストローク)

ここでは右利きの方の説明をしています。左利きの方は逆方向に読み替えてください。

フェザーパドル:カヤックの漕ぎ方で、前進する漕ぎ方をフォワードストロークといいます。
右手を伸ばして、右足のつま先あたりの水面にパドルのブレードを入れて、手首や肩に負担がかからないようにゆっくりと水を掻き、押し手は掌で押し出すように引きます。
腰のあたりまで引いたら、右手側のブレードを水面から出し、右手首を肩の高さまで上げて手前に捻ります。この時左手は伸びた状態になるようにします。
同じように左側も水を掻き、左右連続で行います。

アンフェザーパドル:できるだけ前方の水面に、どちらか側のバドルを水面に入れて、長くゆっくりのストロークで水を掻き、自分の横を過ぎたら徐々に力を抜いて、水面から引き抜きます。アンフェザーパドルではブレードの角度が同じのため、逆側のストロークに入る前に手首を返しません。

カヤックの回転のやり方(スイープストローク・リバースストローク

スイープストロークは曲がりたい方向にカヤックを少し傾けて、パドルを寝かし大きな半円をかくように前方から後方に向かって漕ぎます。

リバースストロークはこれの逆を行います。

カヤックの止まり方

左右のブレードの後ろ側を小刻みに水中に入れてその抵抗でブレーキをかけます。

スピードの出ている状態で、水中に深くパドルを差し込むと転覆する恐れがあるので注意してください。

カヤックで後ろに進む漕ぎ方(リバースストローク)

右後方に体をひねり、右のブレードの裏側で右後方の水を、なでるように前方に漕ぎます。

前方で水中からブレードを引き抜いたら、右手を手前に返し、左のブレードを後方の水を掻き、これを繰り返します。

沈した時の再乗艇のやり方

シットインカヤックの再乗艇

  • 岸や浅瀬が近くにある場合
  1. カヤックから脱出。
  2. カヤックのサイドから、ひっくり返ったカヤックを起こす。
  3. パドルをコックピットにしまう。
  4. カヤックの後方からカヤックを押して浅瀬まで泳ぎ水を抜く

カヤックが転覆したら、まずニ―グリップを解き、膝を曲げてカヤックから脱出します。

パドルを手放さないように注意しながら、カヤックのサイドに回り、カヤックを押し上げてひっくり返ったカヤックを起こします。

コックピットにパドルをしまいカヤックの後方に回って岸や浅瀬まで運びます。岸や浅瀬の安全なところでカヤックに溜まった水を抜きます。

  • 沖などで近くに浅瀬や岸がない場合
  1. カヤックから脱出。
  2. 前方か後方どちらかから、転覆したカヤックを持ち上げ水を抜く。
  3. カヤックのサイドから転覆したカヤックを起こす。
  4. パドルをカヤックに入れて、カヤックの後ろから飛び乗る。
  5. カヤックのコックピットまでずり上がり乗り込む。
  6. たまった水を排出する。

カヤックが転覆したら、まず膝を曲げてカヤックから脱出します。

パドルを手放さないように注意しながら、 転覆したカヤックの前か後ろに回り、カヤックを持ち上げて、できるだけ水を抜きます。

カヤックのサイドに回りカヤックを起こします。

できるだけ水が入らないように、勢いよく一度で起こすように心がけます。

パドルをカヤックに入れ、カヤックの後ろに回り、股を開いて後ろから飛び乗ります。

馬乗りのまま前方まで移動しコックピットまで移動したらカヤックの前方をつかみ足を入れて乗り込みます。

水の入ったカヤックは不安定ですので、ビジルポンプやスポンジや水を掻きだす道具を用意しておいた方が安心です。

シットオンカヤックの再乗艇

  • 岸や浅瀬が近くにある場合
  1. カヤックのサイドに回り、ひっくり返ったカヤックを起こす。
  2. パドルをカヤックに置いて、カヤックを後方から押して岸まで泳ぐ。

転覆したらパドルを手放さないように注意しながら、カヤックのサイドに回りカヤックを押し上げてひっくり返ったカヤックを起こします。カヤックにパドルを置いてカヤックの後方に回って岸や浅瀬まで運びます。

  • 沖などで近くに浅瀬や岸がない場合
  1. カヤックのサイドからひっくり返ったカヤックを戻す。
  2. カヤックのサイドから腹ばいで乗りあがる。(後方から跳び箱の要領で飛び乗る。)
  3. カヤックの両サイドをつかみ、カヤックと体を平行になるようにずらす。(コックピットまでずり上がる)
  4. 上体を立て直しコックピットに座る。

パドルを手放さないように気を付けながら、カヤックのサイドに回り込み、カヤックを押し上げて、ひっくり返ったカヤックを元に戻します。

カヤックのサイドからコックピットあたりに腹ばいで乗りあがり、カヤック前方の両サイドをつかみ、体を滑らすようにカヤックと平行になるようにします。

横から乗る場合以外では、後方から股を開き、カヤックに跳び箱のように飛び乗ります。

上体を立て直しながらコックピットに座ります。

初めてカヤックを乗るときは

はじめてカヤックを乗るときは流れが速い川や、海や琵琶湖のような大きな湖で風で荒れてしまっている時などは避けましょう。

最初は釣りをせずに、パドリングの練習だけでもいいと思います。その時は、岸まで泳いで行ける距離で練習し、もし水に落ちてしまっても、慌てずパドルを流出しないように気を付けて、PFDの浮力を生かしながら岸までカヤックを押して再乗艇しましょう。

何事も慎重に慌てずやればそれほど難しいことではありませんので、まずはカヤックに乗る楽しみを存分に味わってください。

-カヤックフィッシングの始め方