京都御所

京都御所は今まで春に予約制で公開されていましたが、通年を通して予約なしで無料公開されましたので早速いってきました。

入口は西側にある清所門から入ります。

門を入ったら受付で手荷物検査を受けて入苑章をもらいます。

R0010491

R0010490

受付が終わるとすぐにトイレと休憩所があります。必要なら済ませていきましょう。

ちなみに、トイレと休憩所はいくつかあるので広い御所内をゆっくり見て回っても安心です。

宣秋門を内から見た写真です

R0010447

御車寄(おくるまよせ)

親王や摂関が参内する入口です。

R0010448

承明門(しょうめいもん)

瓦葺で朱塗りの美しい門です。その奥に見えるのが紫宸殿。R0010457

紫宸殿(ししんでん)

即位の礼などの儀式が行われてきた御所内でももっとも格式高い建物。

ここからは天皇皇后陛下の玉座の高御座御帳台は見えませんでした。常にあるものなんでしょうか。

前の樹木は有名な左近の桜右近の橘。

R0010463

春興殿(しゅんこうでん)

銅板葺のこの建物は大正天皇即位の礼の時に三種の神器である八咫鏡を安置するために建てられました。

R0010465

清涼殿(せいりょうでん)

いわゆる陛下のお住まいに当たる建物。

植えられている2つの竹は葉が細い南のが呉竹、葉広なのが南に植えられている漢竹。

R0010470

R0010468R0010467

蹴鞠の庭

小御所と御学問所の間あります。

ここで蹴鞠が行われるのを想像するだけで雅です。

R0010476

お庭もさすがです。

R0010481

他にも紹介しきれないすばらしい建造物、襖絵など、また御庭や草花も綺麗に手入れされおり、歴史を感じながら散策するのにおすすめです。

公開時間は9時から17時で月曜と行事があるときは休みだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です